Requires a javascript capable browser.

外壁塗装・外壁サイディング貼り替え・屋根リフォームは外装リフォーム専門店のガイソー徳島店にお任せください。

徳島店

ブログ
破風板の材質について
2018年06月13日
 こんにちは。

そろそろ自宅の塗装を考えているけど、徳島にはどんな塗装屋があるんだろう…と悩んでいませんか?

ガイソー徳島店の篠原万那未です。

 

今日は破風板の材質についてお話します。

 


破風板には【木質系】【金属系】【窯業系】の3つあります。

 

 

【木質系】

以前は木質系が主流でしたが、木部は劣化が早く、耐火性も低いため現在ではあまり使用されていません。

しかし、現在塗装を考えているお客様の中でも一番多いのが木質系の破風板です。

剥がれやすいため、メンテナンスが必要です。

 

 

【金属系】

木材に比べて耐久性が高く、近年ではガルバニウム鋼板の破風板が多くみられます。

ですが、金属系の破風板は火災の際、その熱で形状が変わってしまうことがあり注意が必要です。

 

 

【窯業系】

窯業系とはセメント材料 繊維原料 水を混合して成形、高熱処理したもので

耐久性・耐火性に優れており最近の住宅では主流の破風板です。

ですが、主原料がセメントであるため木質系と同様メンテナンスが必要になります。

 

 

 

破風板の修理方法は塗装、既存の木製破風板をガルバニウム鋼板で覆い包む金属板金巻き、既存の破風板の状態があまりにも酷い場合は破風板自体を交換する必要があります。

 

普段あまり目に入らない場所ですが、雨風の影響を受ける場所なので早めの対処が重要です。

 

屋根や外壁塗装のことでお悩みの方

是非ガイソー専門店のガイソー徳島店までご相談ください(^^)/

 

まずは相談という方はこちらへ 築何年が塗替え時期?塗料についてなど、お気軽にお問い合わせください。
見積もり・プランニング無料 お見積もり・ご相談
じっくり検討したい方へ 資料請求