Requires a javascript capable browser.

外壁塗装・外壁サイディング貼り替え・屋根リフォームは外装リフォーム専門店のガイソー徳島店にお任せください。

徳島店

0120-296-146 ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
リフォームの流れ お問い合わせ 見積り依頼★好評 資料請求 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップコラム > 外壁工事の際に気を付けたい近隣への配慮と対応について
外壁・屋根
リフォームコラム
外壁工事の際に気を付けたい近隣への配慮と対応について
2021年05月08日
外壁工事を行う際、疎かにしてはいけないのが近隣への配慮です。
配慮を怠ると、隣人との関係が悪化するだけでなく、トラブルに発展してしまうこともあります。
この記事では、外壁工事を行う際に行っておくべき近隣配慮や対応について解説していきます。

外壁工事は近隣トラブルが起こりやすい

外壁工事は近隣トラブルが起こりやすい工事です。
では実際にどのような時にトラブルが起こるのかを紹介していきます。

■足場設置■
足場の設置は外壁工事に欠かせない仮設工事で、トラブルの元になりやすい工事です。

騒音トラブル
足場設置時、解体時は単管同士がぶつかり合う為、非常に騒音が発生します。
また、足場の設置は半日以上と長時間にわたり作業を行う為、近隣にとって非常にストレスとなってしまいます。

作業車による進路妨害
足場設置作業中は大きなトラックを横付けして行います。
その為、人や車が通れないように進路妨害をしてしまう恐れがあります。
直ぐに作業車の移動が出来れば良いですが、作業中は移動まで時間が掛かってしまうこともあります。
また、足場設置時以外の作業中にも同様なトラブルは起こってしまいますので注意が必要です。

足場の敷地内侵入
足場は工事作業の都合上、外壁の一回り外側に設置を行う必要があります。
その為、足場が隣家の敷地内に侵入したり空中越境することがあります。
隣家の敷地内に侵入するか否かについては、設置前に現地調査を行ってもらう事で確認しておきましょう。
万が一敷地内侵入をする場合、足場設置前に隣人に事情を説明して許可を得ておきましょう。


■外壁塗装■
外壁塗装時にも様々なトラブルが発生します。

高圧洗浄時
塗装工事を行う前には必ず外壁の高圧洗浄を行います。
専用の高圧洗浄機を使用して作業を行う為、機械のエンジン音が騒音トラブルに発展することがあります。
また、外壁の汚れが混じった水が付近に飛散する為、隣家の植物や置物を養生しておかなければ汚してしまうというトラブルにも繋がります。

異臭トラブル
外壁に使用する塗料には、塗料独特の臭いが発生してしまいます。
臭いに敏感な方は気分を害してしまうことがあったり、小さなお子様やペットを飼っている方は異臭に敏感になっています。
昨今では異臭が発生しづらい塗料もありますが、臭いは感じ方に個人差がある為、トラブルに繋がることが多いです。

塗料の飛散
塗料は非常に軽く、風に乗って数m程飛散することがあります。
飛散した塗料が隣家の壁や車に付着してしまうと、大きなトラブルに発展してしまうことがあります。


■外壁張替え■
外壁張替え時にも様々なトラブルが発生します。

騒音トラブル
外壁張替えは既存の外壁を剥がし、新しい外壁材を貼り付ける工事です。
その為、解体時、外壁材の加工時、外壁貼り付け時と、様々な作業工程中に騒音が発生してしまいます。一日中騒音が発生しているということも珍しくない為、トラブルに発展しやすい作業です。

埃や汚れの飛散
既存の外壁材を剥がす際、外壁材が割れたり、付着している汚れや埃などが舞い上がります。それらが近隣の敷地内にまで飛散してしまうことがあります。
また外壁材にはアスベストが含まれていることもある為、非常に大きなトラブルに発展するケースもあります。

近隣トラブルを未然に防ぐためのポイントとは

近隣トラブルは事前に様々な配慮を行うことで未然に防ぐことが出来ます。
ここからは近隣トラブルを未然に防ぐ手段やポイントを紹介していきます。

工事前後の挨拶回り
工事前後の挨拶回りは非常に大切な配慮です。
ここで大切なのは『施主が挨拶回りを行うこと』です。
「工事前後の挨拶回りは施工会社がやってくれると思っていた。」と思い込んでいると、施工会社が挨拶回りを行っておらず、結果的にいきなり工事が始まってしまうこともあります。
挨拶回りを行う上で『押さえておくポイント』があります。
それらが不安な場合は施工会社の担当者にも立ち会ってもらいながら挨拶回りを行うと良いでしょう。

工事内容の説明
大まかな工事内容を伝えることは、挨拶を行う上で抑えておくべきポイントなります。
「足場を設置するのでご迷惑をお掛け致します」や「外壁塗装を行うので塗料の臭いが発生する恐れがあります」といったように、『近隣にとって迷惑な可能性があること』は必ず伝えておきましょう。
伝え辛いこともありますが、住宅は必ずメンテナンスを行うことで長持ちさせていくものです。その為、近隣にとってもお互い様になることがあるので、多くの場合は事前に伝えておくことでトラブルが回避できます。

工事期間の説明
『いつからいつまで工事を行うか』というのも説明しておきましょう。
「いつまで工事が続くか分からない」というのは近隣にとっても非常にストレスとなります。
また外壁工事は天候の影響を受ける為、工事が遅延することがよくあります。
大きく遅延する場合、その都度説明を行うことも大切です。

作業時間の説明
『〇時~〇時まで。日曜、祝日は休工』という作業時間も伝えておくと良いでしょう。

万が一トラブルに発展してしまった場合の対処方法とは

いくら事前に配慮を行っていても、近隣トラブルに発展してしまうことはあります。
万が一トラブルに発展してしまった場合は、『早急に対応すること』が非常に大切となります。

施主から謝罪を行う
まずは施主自ら謝罪を行いましょう。
近隣の方も「施主が悪い訳では無い」という認識を持っていることが多いですが、まずは顔見知りである施主が自ら謝罪を行うことで誠意が伝わり、トラブル解消後の印象も大きく異なります。

施工業者に謝罪を依頼する
いくら作業中に配慮を行っていてもトラブルは起こってしまうものです。
『なぜそのようなことが起こってしまったのか』そして『どのように対応を行うのか』というのは施工業者から対応をしてもらうようにして下さい。

消費者センターへ相談
トラブルが発展し、様々な対応を行っても解決しない場合、第三者機関に相談することも重要です。
客観的な立場から解決策を提示してくれることで、トラブル解決に向かうこともあります。

まとめ

長く住み続けたいと考えるからこそ行う住宅のメンテナンスのはずが、工事中に近隣トラブルが発生してしまい
人間関係が悪化してしまっては住み続けづらい環境になってしまいます。
外壁工事を行う際は、施工会社側でやってもらえること、お施主様がやるべきことを
あらかじめ確認しておくことでトラブルを未然に防ぐことができます。
お施主様と施工会社の確認不足から「やってもらえると思っていた」という行き違いが生じて近隣にご迷惑がかからないよう、
コミュニケーションをとることで情報共有することが重要ですね。
近隣の方との関係は工事の後もずっと続くものです。
だからこそ、しっかりと事前に配慮・対応を行い、より良い近隣との関係を保っていきましょう。

 
メール相談 まずは相談という方はコチラ! お気軽にお問い合わせください!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!